「浸透」にこだわる「訳」

「浸透」こそ育毛効果を成す秘訣

従来の育毛剤などでは発毛が得られなかった方たちは特に必見です

なぜ効果を得られなかったのか?

実はシンプルに、「必要な所まで深く育毛剤が浸透しなかった」だけの話。

今回はその「浸透」に着目して解説です。

当店で行っている「ヒト幹細胞培養液」を導入した育毛エステでは、

じつはこの「浸透しやすい」頭皮環境へするための足場作り。そして確実に「浸透する発毛成分」の二点において非常に秀でた効果が得られます。

ではなぜ、従来の育毛成分が浸透しなかったのか・・

 

それは純粋に血管を拡張して発毛を促すミノキシジルや成長因子と言った物は元々皮膚から吸収されにくい性質を持っているために、

「頭皮環境」が良い悪いによって大きく効果に違いが出ていました。

 

育毛に悩む世代では特に、発毛には適さない「硬くて水分の少ない」頭皮であったり、「脱毛を促してしまう」生活習慣やシャンプーのやり方によって日々頭皮環境が悪化してしまいがち。

そんな頭皮にはもちろん、唯でさえ浸透しにくい育毛トニックは余計浸透しづらくなり、「効果を得られない」という結果になってしまうわけです。

 

つまり、育毛するにあたっての大前提。

「育毛成分が浸透しやすい発毛に適した頭皮環境」

これが育毛において非常に重要な柱になります

それを得る方法を、皆さまはご存知でしょうか?

確かな発毛への頭皮環境の改善と若返り。

確実な「浸透」により得られる自毛発毛

それが、ヒト幹細胞培養液の効果です

成長因子500種以上

「育毛」というと髪の成長だけを捉えがちですが、本来そうあってはいけません。

髪の成長を促進させる成分は勿論必要ですが、その前に発毛するのに適した頭皮環境が必要であると前述した通り、「頭皮環境を改善しつつ育毛を図る」為にも欠かせないのが、まさに細胞そのものを作る

「成長因子」と呼ばれるものです。

ある成長因子は細胞を増殖させ

ある成長因子は血管を再生させ

ある成長因子は肌そのものを若返らせたり等、「頭皮環境の改善」にはこの上なく適した成長因子は、

ヒト幹細胞培養液になんと500種類以上が含まれており、薄毛の問題を根本から解決していきます。

再生医療に基づく施術

前述した「成長因子」を用いる育毛エステこそ、「再生医療」に基づく所以。肌そのものを、頭皮そのものを本来の発毛環境へ導いた上に、

「毛根、毛包そのものを増殖」させて確かな育毛を図り、更には血管の修復と再生を経て、従来の育毛技術では成しえなかった「本当の意味での頭皮環境の改善」が出来る唯一の技術。

これが再生医療に基づいた新育毛エステ。ヒト幹細胞培養液導入技術である「HairFarm」です。

失った細胞は増殖させて補う。

破損した部位は身体の再生力を促して補う。その役を果たしてくれる成長因子と、育毛作用を結びつけた確かな効果が得られるエステです。


ホームケアでの限度

サロンはサロンで、ご自宅ならご自宅での育毛ケアがあります。生活習慣の改善、シャンプーの方法の見直しや専用トニックの使用等が挙げられる自宅でのケアにはもちろん「出来る範囲」があります。

前述している頭皮環境の改善において、即効性があるのはもちろんサロンで出来る様々なメンテナンスです。

なかなか結果が出ないとお悩みの方は、一度ご相談されてはいかがでしょうか?

サロンで見つかる「答え」があるはずです。