頭皮日焼けNG論

日焼けって枯れ果てた大地そのもの

Hair&Make YAMAGUCHI toushel 発毛カウンセラーの瀧下です。

さてサマーシーズンへ本格的に突入しようかと言うこの時期ですが

皆様頭皮のUVケアはしっかりされていますか?

頭皮のUVケア・・・あまり聞き覚えがあったりなかったりするとは思いますが

薄毛抜け毛でお悩みの方々。必須です。

お尻をかくして頭を隠さないのでは全く意味がありません。

今日はそんな頭皮の日焼けについてのお話です。

頭皮の炎症

日焼けとはそもそも紫外線(UVB)を浴びすぎると毛細血管が充血して炎症。発熱や痛みを引き起こすわけですが、育毛が必要な頭皮には多量の水分が欠かせない。そんな状態にあるにもかかわらず皮膚炎とはいかがなものか??


まず水分が極度に失われた頭皮環境になる為頭皮は砂漠化しています。

さらに炎症が起きているため本来育毛へ導かれるはずの細胞を作るエネルギーはすべて皮膚を作り直すために費やされます。

さらには乾燥した頭皮を保護する為過剰に皮脂が分泌されます。

こうして脂性乾燥肌と言う改善に時間のかかる乾燥と過剰皮脂に悩まされる頭皮環境が完成してしまいます。

もちろんお顔の肌も同様、日焼けやハードなクレンジングによって同じ結果を招いてしまう恐れがあります。

つまるところ頭皮の日焼けをすることで頭皮環境が悪くなると一言で言えど

その実態は育毛環境の劣化、皮脂の過剰分泌と乾燥を招く最悪の事態になるとご理解ください。

頭皮UVケアの難点

では夏の外出中は帽子をかぶり続ければよいのか?となりますが、帽子の良し悪しも聞いたことがあると思います。直接的な日差しは避けられても、蒸れる事で髪の毛に悪いのではないか、という危惧ですね。


これも一つ注意をしなければいけないのが「蒸れたままにしない事」

しっかりとタオルでふき取ったり、帰宅後はすぐシャワーを浴びて清潔な頭皮を維持したりなどのケアが必要不可欠です。

さらには頭皮用のUVスプレーなども昨今は登場して、頭皮の日焼け止めも安易になり、炎症も防ぐことが出来て便利なのですが

これも同じく「必ず帰宅後は洗い流すこと」が重要ですね。

頭皮の表面に膜を張っていてくれますがそのまま放っておくと毛穴の詰まりや匂い、薄毛の原因になってしまうためこれも注意が必要です。

UVスプレー選定法

ゴルフや海等と言ったアウトドアな用事も多くなる時期、髪型もおしゃれに楽しみたいこの季節はやはりUVスプレーによる頭皮ケアが主流だと思います。


紫外線吸収剤、散乱剤と2種類あって、頭皮で用いるのが主に吸収剤がメインになってくるものになります。乾燥や刺激が懸念されますが散乱剤が多少配合されていればそこまで重く考える必要もないと思います。

詳しくはサロンにお問い合わせください。


お顔や肌の日焼け止めとは一味違って

様々な難点がある「頭皮のUVケア」

プロが提供する正しい知識をもとに頭皮に優しい快適な夏をお過ごしください


お問い合わせ先

福岡県福岡市南区高宮3-8-11-1F

Hair&Make YAMAGUCHI toushel 担当 瀧下

Salon Tel:0925311598