20代から始める薄毛対策

Hair&Make YAMAGUCHI toushel 発毛カウンセラーの瀧下です。

さて今回は若い方向けへの育毛事情のお話です。

今日述べるのは将来、自分は薄毛になってしまうのか!?そんなお悩みのお持ちの方に薄毛になる前に耳に入れてほしいお話です。

若いころから、早目に対策。なんて話を良く聞きますが、個人的には禿げる禿げ無いに関わらず正しい頭皮ケアを知っておくべきだと思います。

1、遺伝による脱毛の危険性をcheck

父親が薄毛だから自分もそうなるのではないか。

額が広くなってきたから今後が心配だ。M字に額が広がってきた。

年頃になると急に現れるそういった頭皮の変化には敏感に察知しましょう。

ホルモンバランス的に薄毛の凶兆が早く現れる人がいるのは事実です。

遺伝(ホルモン)的に抜ける人、生活習慣で抜ける人。大きく分けてこの二つが関与しているのではないでしょうか。

さて、上記は薄毛遺伝(ホルモン)の図になります。

このように父親は「X,Y」のホルモンを。母親は「X」のホルモンを持っています。

簡単に表記すると「Xが抜け毛のホルモン」です。

遺伝の際は両親から1つづつ遺伝するわけですが、この図を見ると「母」は「Xのホルモン」しか持っていないので「息子」には「母のXホルモン」。つまり「母親の持っている薄毛の遺伝子が息子に遺伝する」わけです。

息子は「X,Y」のホルモンを保有しますが、母親からは強制的に「X」が遺伝するために、父親からは「Y」しか遺伝しないので

自分の父親が薄毛であっても息子には何も関係がない、という説明が出来ます。

薄毛の遺伝は母親の父親から。

おわかりいただけたでしょうか。

母親が息子に引き継ぐ薄毛の遺伝は「X」のホルモンですが

元々これは母親の「両親」から受け継いだ「X」のホルモンです。

ですが女性は女性ホルモンに守られてその影響を受けないので

母親は何ともないのですが

その遺伝子を受け継ぐ「息子」こそが薄毛遺伝子の影響を受けてしまうのです

その参考になるのが薄毛になっている母親の父親。と言うことです

薄毛の遺伝に当てはまり、将来が心配になってきた人も少なくないと思います。次回はそんな人に向けての適切な頭皮、抜け毛防止ケアを説明していきます。


お問い合わせ先

福岡県福岡市南区高宮3-8-11-1F

Hair&Make YAMAGUCHI toushel 担当 瀧下

Salon Tel:0925311598