"本編"自分に合わないシャンプー

Hair&Make YAMAGUCHI toushel 発毛カウンセラーの瀧下です。

今回は前回に引き続き、「自分に合わないシャンプー」についての記事です。

シャンプーが合わないとどういう事が起きるのか?

詳しくは前回のブログをご覧ください

今回記載する内容は・・シャンプーが「合わない」原因と対策についてです。

症状が知らせるシャンプーの警告

頭皮に「痒み、赤み、湿疹、肌荒れ、痛み」があるような人の場合は

”刺激に皮膚が負けている”場合がほとんどです。

いわゆる「敏感肌」や「アトピー」の人たちは該当することが多いです。

皮膚に保湿成分をうまく生成出来ない体質となる為”刺激”には要注意です。

 

刺激=洗浄力。シャンプーに含まれる界面活性剤がヒントです。

シャンプーは実は、頭皮がスポンジのように吸い込んでしまいます。

そうして頭皮の中に残留したシャンプーは刺激を与え続ける為。シャンプーの洗浄力が強い程頭皮へのダメージが大きくなってしまいます。

その為痛み、痒みなどの炎症を起こすケースもあれば、白髪や抜け毛等。慢性的なトラブルが起こってしまう原因になりかねないのです。

では、すでにそうした症状が起きている場合はどうしたらよいのでしょうか?

痒み、赤み、湿疹、乾燥には"低刺激"で高保湿。

上記のトラブルが起きている場合はできるかぎり「刺激が少なく」、「しっかりと保湿してくれる」事や、「殺菌、抗菌」の効果も相まっているシャンプーだと嬉しいですね。

当店が勧めるのは「COTA SERA」というスキャルプシャンプー。赤ちゃんでも使える程低刺激で、皮膚を綺麗に保つための成分に満ちた非常に優しいシャンプーです。


症状が知らせるシャンプーの警告2

頭皮が「ベタベタする」、「毛が広がる」、「フケが出る」といった症状に悩んでいませんか?これに大きく関与するのがシャンプーの「脱脂力」になります。

まず頭皮がべたついてしまうのは原因として2つです

1つは過剰に脂を取り除こうとしっかりと洗って余計に脂の分泌が増える場合。もう1つは頭皮内の皮脂や老廃物をデトックスできていない。この2つが挙げられます。

「頭皮がべたつく場合」で注意したいのは、過剰に洗いすぎない事と、シャンプーの仕方に気を付けることです。洗えば洗う程、頭皮は脂を失うため皮脂が分泌され逆効果。1度のシャンプーで洗い上げるのが基本です。

 

更に皮脂や老廃物こそ、シャンプーのやり方を変えて揉みながら洗ったり、良く流したりすることで改善が可能ですが、頭皮の色が黄色や茶色に変わっている程であれば、別途ケアが必要になります。

とにかく洗えばいい、という事ではないので注意してみましょう。

 

さらにシャンプー後に毛が広がって困る人はいませんか?

頭皮のトラブルではなく髪の毛に直接作用しているトラブルなのですが

「髪内部の水分不足」が原因になります。

脱脂力のあるシャンプーだと余計に髪が広がってしまいます。パーマやカラーで髪を傷める事が原因で髪の水分が失われることもあります。シャンプーにおいては脱脂力は優しく、水分を補いながらまとまりのある髪に仕上げるシャンプーが理想ではないでしょうか。

toushelオリジナルシャンプーの「ビネガーマジック」は酢酸を配合している関係で、シャンプーにも関わらず、髪の手触りが非常に整うシャンプーです。

低刺激、高保湿に拘った美しい髪を作るアイテムとして沢山の方にご指示を頂いています。

シャンプーを変えるだけでここまで髪質が変わるなんて。。といった実感が得られるシャンプーです。


症状が知らせるシャンプーの警告3

最後に「抜け毛」に悩んでいる人に向けてのシャンプーの選び方です。

毛根の写真を載せましたがこれは正常な「形」をした毛根です。

実は、抜け毛に悩んでいる人の殆どがこの毛根の形がバラバラで、「その形に応じて抜け毛の原因が特定」できます。

乾燥や、脂性や、ホルモンバランス、円形、etc..

こういった「脱毛根」の検査でベストなシャンプーと育毛の診断が当店で可能です。抜け毛に悩む方は一度診断してみませんか?


お問い合わせ先

福岡県福岡市南区高宮3-8-11-1F

Hair&Make YAMAGUCHI toushel 担当 瀧下 裕司

Salon Tel:0925311598