頭皮湿疹の警告

Hair&Make YAMAGUCHI toushel 発毛カウンセラーの瀧下です

皆さんは頭皮に湿疹ができた経験はありませんか??

かゆい物もあれば痛みを伴うものもあるかと思います。

中には、顏周りなどに出来てしまって外見が気になる方もいると思います。

湿疹の種類やできた個所によって、原因と対処が変わってきます。

経験のある時は特に気にしてみて頂けるとお役にたてると思います。


1、脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎は赤い炎症が出るほか、カサカサしたフケのようなものが肌表面に出来る特徴があります。

顏周り、頭頂部、襟の周りなど様々な部位に発症する可能性があります

男性は元々乾燥肌で油分が多い、という肌の特徴があります。その為過剰な洗髪等により余計に皮脂を分泌する症状が多いため、シャンプーは低刺激で1日1度を限度にするといいでしょう。他には頭や顔を洗わずに日をまたぐ事で分泌された皮脂が酸化、沈殿して化膿。湿疹の原因となる為、日々のケアに注意が必要です。

2、皮脂欠乏性皮膚炎

いわゆる「ドライスキン」と呼ばれる皮脂欠乏性皮膚炎は、頭皮に皮脂が必要量分泌されずに招く乾燥状態が原因で、赤みやかゆみ、フケが発生する特徴があります。

洗えば洗うほど症状が進行していく為、「フケが沢山出るからしっかり洗わなければ!」と勘違いすると逆効果です。

特に、シャンプーにはこだわって、洗剤ではなくオイルで汚れを優しく落とすオイルシャンプーや無刺激のシャンプーを少量用いて洗ってしっかりと乾かす。清潔な頭皮の状態を作り続ける事で改善します。

3、接触性皮膚炎

かぶれとも言われる皮膚炎であるこの接触性皮膚炎は、物理的なものが原因で引き起こる症状です。

シャンプーやヘアカラー、整髪料などが原因とされ、赤い斑点、水泡が出来る他、ひりひりとした状態が続く特徴があります

1つのアレルギー症状と見て取れるため、シャンプーの成分に拘るのは勿論ですが、ヘアカラーやパーマをする時には適切な頭皮の保護を行っておかないとこのような症状が出る場合があります、

家庭でのケアが重要視されるため、細かい原因の特定をサロンで行う必要があります。


湿疹ができた「部位」でさらに原因を特定

A・・顔、襟の周り

ホルモンバランスが崩れる事で発症する事が多く、女性は生理や妊娠、出産の前後、男性は時期、年齢にも よる事が原因の皮脂の過剰分泌が挙げられます。

 B・・頭頂部、髪の分け目

 

頭皮にシャンプーの界面活性剤(洗浄力)、トリートメント成分が付着したままだと発生しやすい症状です。成分と自分の肌が合わない時に湿疹となって反応を起こすので、この部位に湿疹ができる場合は基本的にはシャンプーやトリートメントを始めとするヘアケア剤の日用品を見直した方が良いともされます。

C・・後頭部、首

後頭部は髪の毛の密集率が最も高い部位で、シャンプーした際はなかなか洗えていない部分です。また洗い流す際も流しが不十分で頭皮にシャンプーやトリートメントが残りやすい部位の為、湿疹ができやすい場所となっています。


さて、頭皮湿疹はいかがでしたか?

ここに記載していない円形脱毛や脂性フケ等、過去のブログでは様々なトラブルについての解説を行っております。

健康的で、素敵なヘアスタイルを維持するためにもっと自分の頭皮環境等を見直す機会になれればと思います。


お問い合わせ先

福岡県福岡市南区高宮3-8-11-1F

Hair&Make YAMAGUCHI toushel 担当 瀧下 裕司

Salon Tel:0925311598