冬の血行不良で抜けない髪作りpart2

Hair&Make YAMAGUCHI toushel 発毛カウンセラーの瀧下です

前回の記事「part1」の続きになりますのでよろしくお願いします。

さて、血行不良で抜けない髪作りと題しております、前回はそんな体の乾燥対策から説明してまいりました。

これは血行不良の以前にまず冬の乾燥を対策しないと悪循環を繰り返してしまうので、前提として知ってほしいことなので解説しました。

今日は本題、血行不良についてです。

血行不良の原因とは?

1、寒い環境による血行不良

交感神経が関係していて、寒さを体が感知すると皮膚表面、末端の血流を滞らせて身体の中心部を温めようとする働きがあるそうです。

体温は保持されますが身体の末端からどんどん冷えが進むため,頭皮や指、足先の血管は収縮されて毛細血管が不活性化していくため、慢性的な冷え、抜け毛や細毛を進行させてしまいます。

2、筋肉量不足による血行不良

筋肉量が少ないというのは、血行不良を招く大きな原因であるといわれています。筋肉こそ、体中に血液を巡らせるポンプの働きをしているため、筋肉が少ない=血流が廻らないということに直結しているからです。

男性に比べて女性のほうが体が冷えやすいというのは、筋肉量が女性のほうが少ない為に言われています。

更に筋肉量が少ないと体内で熱が発生しないため余計に冷えが進行してしまいます。

3、体の血液循環が悪い(血行障害)

低血圧、水分不足、食生活の乱れ、悪玉コレステロール(LDL)、糖尿病は内的要因による血液循環の悪化を招いています。

どれも生活習慣の改善で良くなるものが多いので対策していきたい所です。

4、ストレスによる血行障害

交感神経が優位に立つ状態=ストレスを感じている状態なのですが、この状態が続くと様々な体調不良を引き起こします。

だるさ、倦怠感、足腰の痛みや胃腸の不具合など・・。

交感神経が血管を収縮させる為に起きる症状です。硬くなった血管と筋肉が血流を妨げるほか、老廃物、疲労物質が排出されずに体内にため込んでしまう等の悪い状態が続いてしまいます。

これらすべてを頭皮の状態に置き換える

1,冷えによる頭への血流の不足

2、頭皮の筋肉が凝り固まることで血管を圧迫。また、頭皮の筋肉が衰えることでポンプ力を失い、さらに血流が悪くなる。

3、身体の内で抱える様々な疾病が原因による血行不良が、生命維持に必要のない毛髪を脱毛させて身体を守ることを優先させてしまう。

4、ストレスによって筋肉の硬直、血管を収縮させている状態が続くことで十分に頭皮に血液が運ばれず毛髪の成長を妨げてしまう。

これら血行不良が脱毛を促進させる重大な原因。

ミノキシシジルという血管を拡張させる薬を服用することで、薄毛を改善した症例は多くあります。副作用や持続するために服用し続ける等のデメリットもありますが、この血管拡張の作用で髪が育つことは確かです。

血管を拡張して、毛細血管が活性することで毛包と呼ばれる髪の毛の家のような所に血液がしっかりと流れて本来の成長を促してくれる事が、ミノキシジルを使った薄毛改善の全容です。

つまり、それだけ血行を良くする、悪くさせないというテーマが髪の毛の有る無しを決める重大な内容になってくる事をご理解いただければと思います。

では、これらの状態を良くするために今すぐ取り組めることとは??

次回の記事で解説してまいります。


お問い合わせ

福岡県福岡市南区高宮3-8-11-1F

Hair&Make YAMAGUCHI toushel 担当 瀧下 裕司

Salon Tel:0925311598