冬の血行不良で抜けない髪作りpart3

Hair&Make YAMAGUCHI toushel 発毛カウンセラーの瀧下です。

血行不良の原因や頭皮に起こる問題をまとめた前回「part2」の続きになります。このブログでは、part2で上げた問題に対する改善策を紹介していこうと思います。

血行不良をすでに感じている方はいち早く取り組んでいただき、この冬の寒さによる血行不良に負けない髪を作っていただけたらと思います。

熱を作りやすい体を目指す

まずpart2で上げた血行不良の原因をおさらいします。

1、寒さによる血行不良。2、筋肉量不足による血行不良。3、血液循環の悪さによる血行不良。4、ストレスによる血行不良

以上4つを大きく上げました。

これらにとってまず欠かせない事が「体が熱を作りやすい状態」にすることです。熱を作れない状態にあるからひたすら冷えていく。この状態を改善することからスタートです。

運動に取り組むとしたら?

1、冷えを感じたらまずストレッチ

横になって動くようなストレッチでなくて大丈夫です。手足が寒くなってきたら手、足首をぶらぶらさせたり指を挟んで圧迫したりするだけで簡単に血行が促進できます。じわーっと暖かくなるのが実感できると思います。

頭皮も軽くツボ押ししたり首をゆっくり回してみるだけで効果的。手足が冷えるのをサインに是非実践してみてください。

2、有酸素運動(即効性)

一駅分歩いてみたり、エスカレーターではなく階段を使ってみたり等。日常的な動作に運動を加えていく事で末端の冷えは解消されます。手足が温まるのを感じるということは、頭皮にもそれだけ多くの血液が流れるようになっている何よりの証拠です。

3、無酸素運動(根本的な改善に向けて。)

「筋肉量の低下」が血行不良の原因であることは明らかです。

運動をして筋肉量が増えて血行が良くなるだけでなく、基礎代謝も上がるため

 これからの健康を考えると非常に効果的な改善方法になります。

1回のスクワットを1分程かけてやる等、負荷をかけるトレーニングが対象となります。

食事で改善をするとしたら?

1、体を温める食事をとる

先日TVでも放送されたような「しょうがココア」を始めとする、体温を上昇させてそれを維持してくれるような食事を盛り込むと良いです。

根菜は消化に手間取り、腸内でたくさんのエネルギーを使うために体温を上昇させてくれます。ニンジンやゴボウなどがあげられます。

唐辛子とショウガについてはよく体が温まるといったお話を聞きますね。

ですがこれらは確かに一時的に体温を上昇させてくれますが、その後発汗して熱を下げてしまう効果もあります。ジンゲロールという特有の成分がそうさせてしまうので、これを加熱処理して取り除いて、ショウガ本来の体を温める効果だけを得られるようにする工夫が求められます。100度程の加熱処理が必要なので注意が必要です。

ココアに含まれるポリフェノールは血管を拡張させてくれる効果があるので末端である手足もしっかり温まるので、そこにショウガの煮汁をまぜるしょうがココアが話題になったりもしていました。

就寝の前後、身体を温める飲み物としては最適かもしれません。

2、たんぱく質を摂取する。

体温を上昇させる為に必要な筋肉。効率よく筋肉になる材料を摂取する必要がありますが、その代表となるのがたんぱく質です。

魚や肉等、あらゆる食品に含まれるこのたんぱく質を意識して摂取したうえで、無酸素運動に取り組むとより効果を得られます。

3、漢方薬

身体にもともと備わっている自然治癒力を高める漢方には、身体の調子を整えて体質を改善してくれる効果があり、冷え性の改善にもちいられるほどです。

特に末端の冷え性にも効果があるとされている漢方薬として

良く名前の聞く「葛根湯」や、温経湯、桂枝茯苓丸などがあげられます。

これは病院や薬局で適切な処方をしてくれるそうです。

日ごろ心がけるとしたら?

「副交感神経」を優位にさせる方法をご存知ですか?

イライラや疲れが原因で溜まるストレス。これが原因で血行の障害となっていることは明らかです。筋肉が収縮し毛細血管が圧迫されることで末端への血流が阻害されてしまう為に身体は更なる「冷え」に悩まされてしまいます。

こういった日常が続いてしまうと頭皮は抜け毛やかゆみに襲われてしまいます。ストレスを発散すると言うより「副交感神経」をコントロールする方法を身につけて日ごろからストレスと冷えへの対策をしていきたいところです。

その方法こそ、ズバリ「呼吸法」にあります。

鼻から吸って口からゆっくりと息を出す腹式呼吸。これを意識的に行うことで日ごろから自立神経のバランスを整え、さらには副交感神経を優位にさせる唯一の神経を意識的にコントロールできる方法と言われています。

気持ちの高ぶるときこそリラックス、腹式呼吸。

男性は30代以降、女性は40代以降低下すると言われるこの副交感神経レベル。それを上昇させる為には「呼吸法」を意識することが欠かせません。

身体の健康のために、髪の毛のためにも取り組んで生きたい分野です。

血行不良にさようなら

いかがでしたか?

体質改善は難しい、時間がかかるというイメージは確かにぬぐいきれませんが、今起きている血行不良に対してすぐにでも取り組めることは沢山あったように思います。

冷え性に我慢したり、抜け毛に悩んでいるからこそ今すぐトライして効果を実感して、もっともっと快適な毎日を送る為に自分を磨き続けて

さらに素敵な自分と出会ってみませんか?

part3までに及ぶ長文でしたが、少しでも皆様のお悩み解消のためになれれば幸いです。


お問い合わせ

福岡県福岡市南区高宮3-8-11-1F

Hair&Make YAMAGUCHI toushel 担当 瀧下 裕司

Salon Tel:0925311598